ウィッグのシャンプーの仕方/乾かし方/スタイリングのコツ

「wigを洗ったらタワシみたいになっちゃった」

「かつらを洗ったら(シャンプーしたら)毛が絡まっちゃって、
クシで絡みをほぐしたら毛が抜けちゃった。。。」

というご相談をいただくことがあります。
ほとんどのケースが、もしかしたらお手入れの仕方、大丈夫かな?
ということが多いように見受けられます。

IMG_0155

ウィッグの毛は、人の頭皮に生えている時とは状態が異なります。
人工毛を機械でサクサク植毛したかつらと比べて、人毛手植えのウィッグのほとんどが、人の体から離れた毛を人の手により一本一本ベースに結びつけてありますので、強く引っ張ったりガシガシと梳かすと、ベースに結んだ結び目が緩んだり、クシを使って梳かすと結び目にクシが引っかかって、毛が抜けてしまいます。

 

ウィッグの毛を梳かす時は、ウィッグ専用のブラシでとかしてください。
絡まった毛を無理やり力づくで梳かすと、毛が抜けます、少しの分量づつを根元から少し(7〜10mmくらい)離れたあたりから毛先に向けてほぐしてあげてください。
人工毛のwigでも同様、扱い方によっては毛が絡んでしまうことはあります。

 

wigのシャンプーやトリートメントは、頭から外した状態で行ってください。装着したままでwigをシャンプーされますと、思いの外力がかかって毛髪にもベースにも負担がかかり、wigの劣化を早めます。
wigに使われてる毛は、どんなに高品質で高価なモノでも、人間の体から離れたものですので、残念なことに、栄養を吸い上げることができません。優しく取り扱ってあげてくださいね♡

 

シャンプーの仕方と乾かし方の動画を公開しております。

シャンプー&ドライ編動画はこちら

 

 

スタイリング編動画はこちら

 

人毛手植えのウィッグは優しくお取り扱いいただけましたら、長く、良い状態でお使いいただけます。

wigのお手入れは専用ブラシで、保管はwig専用スタンドwig用マネキンをお使いください。

他、こんなこと知りたいな〜という事がございましたら、どうぞ遠慮なくご質問ください。