wigの複数持ちを勧められる5つの理由

「2個も買わされちゃったの。。。」

とご相談の中で告白いただくことがあります。

ウィッグは消耗品ですので、いくつあってもいいのですが、一個の価格が高いと複数購入を勧められても困惑しますね。

ウィッグの複数持ちを勧められる理由

  1. ウィッグは消耗品なので、劣化することを考慮して予備が必要。
    例えば、靴でイメージしていただくとわかりやすいかもしれません。毎日同じ靴を履いてると早くいたんでしまいますが、複数の靴を交互に履いてる方がそれぞれの靴が長持ちしますよね。
    mens2ju
  2. トップピースの場合、自毛をカットした時にヘアピースの毛が自毛の長さよりも長くなってヘアピースの髪が浮いてしまったり、自毛の方が短いと自毛とヘアピースの毛が絡みにくかったりします。このようなことから、カット直後用のヘアピース、少し伸びてきた時用のヘアピース(これが一番使う頻度が高い定番wigです)、同じデザインで長さの異なるヘアピースがあると便利です。
    tpba1
  3. ある日突然ピンが壊れるととても困ります。ピンの予備を持つという方法もありますが、出掛ける前などはつけ直す時間なんてないですし、おそらく心の余裕もないでしょう。このようなことからも、もう一つ予備のヘアピースがあれば慌てなくて済みます。
    pin
  4. ヘアカラー直後は髪色が若干暗い色に仕上がり、徐々に理想の色になってくる(色が抜けてくる)ので、ヘアカラー直後から1週間ぐらいの間に使うヘアピースと、色が抜けてきた時から次のカラーリングの時までに使うヘアピース(これが一番使う頻度が高い定番wigです)を持っていれば安心。
    color
  5. 頭にピッチピチできついのが嫌で、ユルめで作ったフルウィッグ、わずかではあるがネットが伸びてきて全体にユルくなるから予備を持っていると安心。

IMG_1901

などなど。
実は、wigコンシェルジュの私もヘアピースを日常的に利用しています。3個をシーンに合わせて使っています。

まずは一個

でもね、お値段が高いと複数買うのも大変なのよね〜、というお声もたくさんいただいております。

「あきさんのところで作っていただくと大手メーカーよりもうんとお値打ち価格だから、2個作っちゃおうかしら」とか、1個目のwigをお届けした時に「すごくいいわ〜!もう一つ同じものを作っておいて♪」と追加される方もおられます。

不安に思われるようでしたら、まずは一つ作ってお使いになられてから、2つ目3つ目をお考えになられてもよろしいかと思います。

2個目のwigは割引価格でお買い求めいただけます

オーダーメイドwig納品後一ヶ月以内に追加でオーダーされる場合(ほぼ同じ構造のものに限ります)、2個目のwigのオーダーメイド価格はお見積価格から10%offにさせていただきます。

※オリジナルwigに関しては割引対象外となります。

 

と、いうわけで、結論は「ウィッグは複数持っていると安心」です 😀

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文