自毛植毛

「かつら」よもやま話

ご幼少時代に、火鉢に頭を突っ込んでしまい
頭皮に火傷を負い、以来頭皮から毛が生えなくなり
かつらを使っていたという50代のA様。
ある時、A様の知人から
「君がかつらをつかってることはもう周りはみんな知ってるよ」
と言われ、 (((o(*゚▽゚*)o)))愕然としたA様は、今度は植毛を熱望。

 

ke当時、日本で植毛をやってる所はなかったらしく、
後頭部の下の方の毛(ココは禿げない)を何センチかを切った毛束をフランスの毛髪分析の会社に送り、専用の分離器にかけて毛の太さを分け、部分ごとに太さを分けて毛を植毛されたそうです。

 

植毛する時は痛みを伴うので頭皮に麻酔を打たれるらしいのですが、
それが、この世の物とは思えないくらいの痛みで、
あにすんだよ!いてーじゃね〜か!
と、A様は思わず担当医の胸ぐらを掴んでしまった、というのは嘘ですけど、そのくらいの痛みだったそうです。

 

お客様の中で、
植毛クリニックでお仕事をされておられる
看護師さんからも聞いた事がありますが、
まずは頭皮に小さな穴をあけて行き、つまり毛穴を作る、ですね、
その穴に専用の針で毛を埋め込んで行く作業だそうです。

 

埋め込まれる方の痛みもさることながら、
作業をする側もそれはそれは相当な細かな作業、
肩パンパン腰ガチガチ目ギンギン、ですね。

 

植毛って痛いけど、バレにくいってのはいいですね。
痛いのがイヤな方、ご予算的には植毛はちょっと高くて。。

と言う方、まずはかつら.bizに

「バレにくいオシャレなかつら」

をご相談下さい^^

 

 

« »

コメントは受け付けていません。